直接持っていく

いらなくなったバイクはそのまま処分するよりも買取をしてもらった方が現金化することができるので、その点でお得感があります。今ではいくつかの方法がありますが、その中で長く行われているのが地域にあるバイクの販売店に持参をするという方法です。販売店はバイクの販売をメインに行っており、買取をメインに業務は行っていません。販売店では買い取ったバイクを店頭販売します。そのため販売価格を考慮に入れて査定額を決定していきます。一般的に販売店では査定額は低くなりがちだと言われています。また店頭販売しても売れそうにないと判断したバイクはより査定額が低くなりがちです。

販売店で査定をしてもらうためには自分でバイクを持っていかなければなりません。そのため休日などを利用して査定をしてもらう必要があります。また販売店は営業時間があるため、その間でしか査定を行ってくれません。時間的な面で折り合いをつけなければならないのがこの方法に関するデメリットと言えるでしょう。仕事などが忙しい方ではなかなかバイクを持参するのは難しい場合も多いものです。しかし最近ではオンライン査定などができるようになっており、販売店に持っていく方法以外に買取専門店でオンライン査定を依頼することもできるようになりました。